SMITA EVENT・
COLUMNスミタイベント・コラム

健康法

今日の空はどんな様子でしたか?
 
曇りとか晴れというのみでなく
空の色味だったり雲の形やその流れる様
 
日常の中で意識しなければ
真っ直ぐと前を向くか、携帯電話を見ながら目線を斜め下に落としているか
移動中にふと目に入った空の色や風景が印象に残る程度かもしれません
この問いに具体的に答えられる方はきっと呼吸も深いはずです
 
  
最近気がついたことの一つ
子供との暮らしをはじめてもう約1年半近く私は1日の大半を下を向いているということ
 
娘自身が小さい為目線が下向きになのはもちろんですが
危険なものが下に落ちていないか
部屋に散乱した片付けや床を拭いたりしゃがんだりの繰り返しもやはり目線は下です
 
真っ直ぐ前を向いている時間よりも圧倒的に下向きに目線のある暮らし
 
ヨガのクラスで幾度となく私自身が伝えてきた事実を今実感として再確認しています
 
 「 目線は肉体と心を動かす点 」
 
 
本当の健康法って一体何でしょうか
 
ヨガをするとか
ウォーキングするとか
あれを食べるとか
これを食べないとか
 
そういったことではなく
 
いつでも目線を少し上げて
何かを追いかけて目的があって
気にハリのある状態のことだと
 
そんな風に思います
 
 

ライター:川又尚子

ヨガを意識した暮らしをスタートさせたのは13年前。“yoga at home"=“ヨガを日常の習慣にすることがその人の美しさを引き出す”という考えのもと、インストラクターとして「TANMATORA YOGA」を主宰。自宅のある葉山を拠点に、ヨガの土台づくりとなるclass. workshop. eventを鎌倉・東京・関西で開催。また漢方、SPICE、お香など、日常のヨガをサポートするプロダクトを販売する「MUNDUS」(ムンドゥス) のオーナーでもある。女性たちが、Family Firstを優先にしながら気持ちよく仕事ができる環境づくりを軸に、女性が元気な社会づくりに取り組む“MUNDUS Project"として、長期的ビジョンをもって活動中。
2017年10月 長女を出産