SMITA EVENT・
COLUMNスミタイベント・コラム

子供達に伝えたい合掌のチカラ

最近、娘が掴まり立ちをし始めました。

よいしょ

よいしょ

一歩一歩つたい歩きする姿は微笑ましく
「 生きていく 」未来へのチカラを一層に感じます。

そんな娘を観察していると
楽しく遊び、笑い、気分が良さそうな時は呼吸が整ってしっかりつたい歩きをしていますが、

遊びに興奮し呼吸を乱している時はいっこうに掴まり立ちすらできない
本人は試みてはいるものの、身体の姿勢が整えれない

ゆっくり落ち着かせると深い呼吸になり気分が落ちつていくのがよくわかります。

そして、深い呼吸になればしなやかな動作で安定した 【 正しい姿勢 】 をとるのにも驚きます。

でもまだまだ腹にチカラ( 丹田力 )がないから手を離せばすぐにでも尻餅をついてしまう0歳の娘

 

丹田とは心身の中心点

丹田に力が入るようになる( 丹田力 )ということは精神の成長と心理的な安定が育まれている証
このように成長過程を観察していると肉体と精神の成長が同じリズムで刻まれているのがわかります

ヨーガの練習もまた同じことがいえます。

ヨーガの練習(アサンス・アーサナ)はどのような姿勢でもどのような動作の時でも、どこにも悪影響を受けないようにするためにいわゆるポーズの練習をしています。
*アサンス / アーサナ 身構えの意 動作行法ともいわれる修行の一つ

捻ろうが、反り返ろうが、気持ちのいい深い呼吸が巡り 下半身が安定し上半身がリラックスしている、そんな自分を一歩退いたところから眺めていられる精神状態では丹田にチカラが入って 【 正しい姿勢 】 が整います。

逆に見ると丹田にチカラが入っていない時は、姿勢が乱れ気が上がり呼吸が乱れているものです。

深い呼吸から丹田力が鍛えられていくのか
丹田力が鍛えられているから深い呼吸になるのか

何れにしてもこの関係なしでは 【 正しい姿勢 】 は整わない
【 正しい姿勢 】 は心身の調和と丈夫な肉体の土台となります。

成長過程にある子供達を見ていて改めて痛感する心身の調和のしくみ

できる限り子供達には 【 正しい姿勢 】 であってほしいと願います

” 丹田力を鍛え深い呼吸をしなさい ”

そんな難しいことは言わず

「 ありがとう 」

「 いただきます 」

「 ごちそうさまでした 」

合掌 – 

合掌という素晴らしい動作を日常にしっかりと根付かせることで

胸が自然と開き 腹に気が落ち 下半身にチカラが入って呼吸が整う

そんな全てを兼ね備えた 「 合掌 」

 

文字通り両掌を合わせるだけのどこでもすぐにいつでもできる方法

子供達のみでなく、老若男女問わず人種や宗教を超えて合掌という素晴らしい動作を日常に取り入れてほしいと願います。

 この度の関西地方の台風・北海道地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 」

TANMATORA YOGA
MUNDUSHP |

ライター:川又尚子

ヨガを意識した暮らしをスタートさせたのは13年前。“yoga at home"=“ヨガを日常の習慣にすることがその人の美しさを引き出す”という考えのもと、インストラクターとして「TANMATORA YOGA」を主宰。自宅のある葉山を拠点に、ヨガの土台づくりとなるclass. workshop. eventを鎌倉・東京・関西で開催。また漢方、SPICE、お香など、日常のヨガをサポートするプロダクトを販売する「MUNDUS」(ムンドゥス) のオーナーでもある。女性たちが、Family Firstを優先にしながら気持ちよく仕事ができる環境づくりを軸に、女性が元気な社会づくりに取り組む“MUNDUS Project"として、長期的ビジョンをもって活動中。
2017年10月 長女を出産